Web

TechAcademyで副業を目指すならフロントエンドコース一択

プログラミング副業を始めたい人
プログラミング副業を始めたい人

プログラミングのスキルを身につけて、なにか副業を始めてみたいな。
プログラミングスクールならTechAcademy(テックアカデミー)が有名だけど、副業で稼げるコースは一体どれなんだろう。

 

結論から言います。

プログラミング未経験の方であれば、

「フロントエンドコース」

をオススメします!

TechAcademyのフロントエンドコースを受講すれば、プログラミング未経験の方でもHTML/CSSのコーディングの案件やWebサイト制作の案件を受注できるスキルを習得することができます。

副業を始めて数ヶ月で月5万円の副収入を達成することも十分可能です。

実際に、僕は普段はプログラミングとは無縁の仕事をしています。

そこからTechAcademyのフロントエンドコースを受講してすぐにWeb制作副業を始めて、3ヶ月でココナラのプラチナランクを獲得するまでになりました。

ココナラプラチナランク

 

この記事では、僕が実際にTechAcademyのフロントエンドコースを受講して副業を始めた経験を踏まえて、フロントエンドコースがおすすめの理由、サービス内容、効率的に受講する方法などについて詳しく解説していきます。

フロントエンドコースを受講したら身に付くスキル

フロントエンドを受講したら身に付くスキル

 

まずは受講後のイメージを掴んでもらうために、TechAcademyのフロントエンドコースを受講したら、どんなスキルが身に付くのか紹介します。

TechAcademyのフロントエンドコースを受講したら、ズバリ「Webサイトを作る」ことができるようになります。

今あなたが目にしているWebサイトは、

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

といった言語でできています。

各言語の役割のイメージが以下です。

各言語の役割
Webサイトが表示される仕組み

TechAcademyのフロントエンドコースでは主にこれらの言語を学びます。

フロントエンドコースを受講した後は、自分の力でWebサイトを自由自在に作ることができるようになってますよ!

フロントエンドコースを受講したらできる副業

フロントエンドコースを受講したらできる副業

 

TechAcademyのフロントエンドコースを受講すれば、クラウドソーシングサイトなどを通して、Webサイト制作の案件を受注できるようになります。

例えば、以下のような案件があります。

Webサイトのコーディング案件

Webサイトのコーディングの案件は、クライアントからデザインデータをもらって、デザインデータどおりにWebサイトにする仕事です。

Webサイトのコーディング案件例
Web制作副業案件(コーディング)

ボリュームにもよりますが、1つのWebサイトのコーディングであれば数万円が相場です。

Webサイトの制作案件

Webサイト制作案件は、クライアントから依頼を受けてWebデザインからコーディングまでを行う仕事です。

Webサイトの制作案件例
Web制作副業案件(デザイン)

Webサイトの制作案件を1件受注すれば、10万円以上になることがほとんどです。

副業を目指すならフロントエンドコースがおすすめな理由

フロントエンドコースがおすすめな理由

 

プログラミングで副業を始めるというと一番にアプリ開発のようなものをイメージするんじゃないでしょうか?

でも、実際はフロントエンドコースを受講してWebサイト制作を副業にするのがオススメです。その理由が以下です。

Webサイト制作がオススメな理由
  1. スキルを習得するのが簡単
  2. 受注しやすい
  3. スキルの展開が可能

順番に解説していきます。

理由①:スキルを習得するのが簡単

Webサイトを作るのに必要なHTML、CSSといった言語は、他のプログラミング言語に比べて学習の難易度が低いです。

なので、プログラミング初心者でも挫折することなく習得することが可能です。

フロントエンドコースを受講すれば、受注から納品までをこなせるスキルを十分身につけることができます。

理由②:受注しやすい

Web制作案件は実績が少ない人でも受注しやすいという特徴があります。

例えば、プログラミング言語のひとつであるRubyを使ったアプリ開発のような副業は開発実績が十分ある人に依頼が集中してしまいます。

なので、せっかくプログラミング言語を習得しても、なかなか受注できないといったことが起こります。

それに対して、Web制作案件は他のプログラミング言語に比べてプログラミング経験が浅い人でも依頼をもらえる可能性が高いです。

実際に僕も実績ゼロからココナラのプラチナランクを獲得するまでになりました。

理由③:スキルの展開が可能

HTML、CSSといったフロントエンドコースで学ぶ言語は、Web系言語の基本です。

さらに、PHPやWordPressといったスキルを身につけることで、高単価の案件を受注することができるようになります。

こういった追加のスキルはフロントエンドコース受講後に招待されるウケ放題特別プラン(←後述します)を使えばお得に身につけることが可能です。

 

以上の理由から、プログラミング未経験の人が副業を始める場合、フロントエンドコースを受講してWeb制作副業を始めるのが最も早く簡単に稼げる方法です。

TechAcademyの特徴とメリット

TechAcademyの特徴とメリット

 

TechAcademyは講師全員が現役のエンジニアが売りの大手プログラミングスクールです。

そんなTechAcademyの特徴とメリット・デメリットを解説します。

TechAcademyの特徴

他のプログラミングスクールと比較して、TechAcademyの特徴と言える部分が以下です。

TechAcademyの特徴
  • オンライン型スクール
  • カリキュラムにしたがって学習する
  • Slackで何度でも質問ができる
  • 専属のメンターが付く

順番に解説していきます。

オンライン型スクール

プログラミングスクールには大きく分けて、

  • オンライン型
  • 教室型

があります。

TechAcademyは前者の「オンライン型」で、スクールに通うことなく家にいながら学べます。

僕みたいにスクールに行くのがめんどくさくさいという人には、ポイントが高いですね!

カリキュラムにしたがって自分で学習する

TechAcademyでは講義といったものはなく、カリキュラムに従って自分で学習を進めていきます。

カリキュラム内ではWeb上のテキストを読みながら実際に自分で手を動かしてプログラムを書く内容がほとんどです。

最初から最後まで楽しく学ぶことができるはずです。

各Chapterの最後には理解度確認用の課題が用意されています。

回答できたらメンターに提出して合格か再提出かを採点してもらいますが、理解を深めるためのものなので再提出となっても全然問題ないです。

Slackで何度でも質問ができる

カリキュラムを進めていく中で質問が出てくれば、その都度Slackを使ってメンターに何度でも質問することができます。

TechAcademyのメンターは全員現役のエンジニアなので、的確な回答をもらえます。

また、Slackでの質問に対するメンターのレスポンスがかなり早く、僕の経験では質問してからいつも5分以内に最初の返信が返ってきていました。

Slackでの質問の受け付けは15時から23時までとなっています。

専属のメンターが付く

TechAcademyでは専属のメンターが1人付き、週に2回のペースでマンツーマンのビデオ通話をする機会があります。

TechAcademyのパーソナルメンター制度

メンタリングは1回30分間で、メンタリングの中ではカリキュラムの進捗を報告したり質問をしたりできます。

また、メンターは現役のエンジニアなので、時間が余れば実務のことについて聞くのもアリですね。

TechAcademyのメリット・デメリット

僕が実際にTechAcademyを受講した経験に基づいて、TechAcademyのメリットとデメリットを挙げると以下のとおりです。

TechAcademyメリット/デメリット

【メリット】

  • 家で気軽に学ぶことができる
  • 受講期間終了後もテキストを閲覧可能
  • ウケ放題特別プランがお得

【デメリット】

  • 講義形式ではない

メリット①:家で気軽に学ぶことができる

TechAcademyはオンライン型のスクールなので、家で気軽にプログラミングを勉強することができます。

また、自分で学習を進めていくスタイルなので、時間があるときに自分のペースで学習を進められます。

忙しいサラリーマンにとっては、空き時間に家で気軽にプログラミングを学べるのは大きなメリットだと思います。

メリット②:受講期間終了後もテキスツを閲覧可能

受講期間終了後はテキストが見れなくなるプログラミングスクールがある中で、TechAcademyは受講期間が終わってもテキストを継続して見ることができます。

今でもテキストを見返すことがあるので、控えめに言ってもめちゃくちゃ便利です。

しかもテキストは更新されるので、最新の情報が手に入るところもポイントが高いです。

メリット③:ウケ放題特別プランがお得

TechAcademyには受講後に招待されるウケ放題特別プランというものがあります。

このウケ放題特別プランは受講後にスキルを広げていきたい人にとって、かなりお得なプランになっています。

詳しくは後述します。

デメリット:講義形式ではない

TechAcademyは自分で学習を進めていくスタイルで、講義などはありません。

なので、講義形式で教えてもらいたいという人には向かないかもですね。

ただし、TechAcademyはSlackとメンタリングという機会を使って、いつでも質問をできる環境にあるので、学習に困ることはほとんどないかと思います。

フロントエンドコースの内容とおすすめプラン

フロントエンドコースの内容とおすすめプラン

 

プログラミング初心者の人がプログラミング副業を始めるなら「フロントエンドコース」がおすすめです。

TechAcademyフロントエンドコースの内容を解説していきます。公式ページはコチラ。

TechAcademy公式ページへ

フロントエンドコースの内容

フロントエンドコースで学ぶ内容が以下です。

フロントエンドコースの内容

受講後にWeb制作副業を始めることを前提に、フロントエンドコースで学ぶ内容を重要度で分類してみました。

これだけは押さえておきたい項目

フロントエンドコースで最低限これだけは押さえておきたい項目が以下です。

フロントエンドコースで学ぶべき項目
  • HTML5/CSS3
  • JavaScript/jQuery
  • サーバー
HTML5/CSS3とJavaScript/jQuery

「HTML5/CSS3」と「JavaScript/jQuery」は、Webサイト制作に必要な言語です。

それぞれの役割分担は以下のとおり。

各言語の役割分担
  • HTML5:Webサイトの骨組みを作るために必要な言語(例:見出し、画像、ボタン、リンク)
  • CSS3:Webサイトを装飾するために必要な言語(例:背景色を変える、HTMLで記述したパーツの配置を変える)
  • JavaScript/jQuery:Webサイトにアニメーションなどの動きを付けるために必要な言語

上記の言語を使いこなせないと副業を始められないので、これらは重点的に学習しましょう。

サーバー

サーバーとは、Webサイトに必要なファイルを保存しておいて、アクセスがあったときに必要なファイルを渡してくれるコンピュータのことです。

サーバーの役割
サーバーの図解

受講期間中に、

  • レンタルサーバーを契約する
  • ソースファイルをアップロードしてWebサイトを公開する

をできるようになりましょう。

テキストを見ながらできればOK

以下は使用頻度があまり高くなく、テキストを見ながらできるレベルであればOKです。

理解できればよい項目
  • Bootstrap
  • Web API
Bootstrap

BootstrapはCSSが使えなくても、レスポンシブデザインに対応した本格的なWebサイトを作れるCSSのフレームワークです。

Web API

Web APIとは、ざっくり言うとTwitterなどのWeb上のアプリの機能の一部を自分で制作Webサイトで使うためのものです。

今は何を言っているかわからないかもですが、実際のカリキュラムの中で学べばOKです、

難易度的にはあまり難しいものではないので安心してください。

理解できなくてもあとで勉強しなおせばOK

以下は実際の副業でほぼ使うことがなく、必要になったときに勉強し直せばOKです。

あとで勉強しなおせばよい項目
  • Vue.js
  • Firebase
Vue.js

Vue.jsはJavaScriptを拡張したものと思ってもらえればOKです。扱うデータなどが多くなっても、コードが複雑になりにくいという特徴があります。

Firebase

Firebaseは、比較的簡単にデータベースを扱うためのGoogleのサービスのことです。

これらは他の学習内容に比べて難易度的に難しくなりますが、副業には必須ではありません。

もし受講中に完全に理解できなくてもこんなものもあるんだなくらいで軽く流してもらってもOKです。

テキストは受講後も見直せるので、必要になったときにでも勉強しましょ。

フロントエンドコースのおすすめのプラン(受講期間)

TechAcademyのフロントエンドコースには、受講期間が違う以下の4つのプランがあります。

TechAcademyの受講期間

以下で、プランを選ぶポイントを解説します。

受講期間を選ぶポイント

受講期間が長いプランを選べば+αの内容を学べるということはありません。その分講師のサポート期間が長くなるというものです。

つまり、カリキュラムを早く終わらせられる自信がある人は短い受講期間を選択した方が、コストを抑えられます。

とはいえ、もし予算に余裕があるのであれば、余裕を持たせたプランを選択するのがオススメです。

というのも、カリキュラムを早く終わらせたとしても、その余った時間をオリジナルサイト制作に回せばいいからです。

ある程度学習時間を確保できるなら8週間コースがおすすめ

カリキュラムをすべて終えるまでにどれくらいかかるかというと、TcchAcademyが目安時間として公表しているのが160時間です。

ただ、僕が実際に受講してみた感想としては160時間はかからないかなという印象。

学習時間をどれだけ確保できるかにもよりますが、平日も休みの日もある程度学習時間を確保できる人なら4週間で終わらせられる内容です。

ある程度学習時間を確保できる人なら「8週間プラン」がおすすめです。

トモヤ
トモヤ
僕は「8週間プラン」を選択して、余裕を持って終わらせることができました。

余った時間はオリジナルサイト制作に使おう

フロントエンドコースには、カリキュラムの中にオリジナルサイトを制作するという課題が組み込まれています。

制作したオリジナルサイトは副業を始めるためのポートフォリオにすることができます。

ポートフォリオとは?

自分のスキルをアピールするためのもので、自分で制作したWebサイトの作品集みたいなものです。
副業を始める上では、このポートフォリオが必要となります。

フロントエンドコースの受講後すぐに副業を開始するためには、受講期間中に多くのオリジナルサイトを作成しておくのがポイントです。

オリジナルサイト制作ではメンターのサポートを受けることができるので、早くカリキュラムを終わらせて余った時間はオリジナルサイト制作に使いましょう。

フロントエンドコースを効率的に受講するためのポイント

フロントエンドコースを効率的に受講するためのポイント

 

TechAcademyのフロントエンドコースがどんなものか、だいたい理解してもらえたかと思います。

以下では、TechAcademyを効率的に受講するためのポイントを解説していきます。

副業で必要になるスキルを優先的に習得しよう

フロントエンドコースで学ぶ内容の中でも、副業で必須となるのは以下のスキルです。

副業を始めるのに必須となるスキル
  • HTML5/CSS3
  • JavaScript/jQuery

最低限これらをしっかり理解しておけば、副業を開始することができます。

HTML5/CSS3は「レスポンシブデザイン」を含めてよく理解しておきましょう!レスポンシブデザインは副業を始める上で必ず必要になります。

レスポンシブデザインとは?

PCやスマホなどどのデバイスから見ても、最適な表示をさせる方法のことです。

一方、HTML5/CSS3に比べるとJavaScript/jQueryは難しく感じるかもしれません。

でも、ハンバーガーメニューなど実際のWebサイトでよく使われるアニメーションを作れるレベルになっていれば、十分副業を始められます。

ちなみに、ハンバーガーメニューとはスマホでネットサーフィンをしているときによく見かける以下の画像の右上のようなものです。

ハンバーガーメニューの例

タップするとメニューが登場するパーツなのですが、実際に副業するときによく作ることになります。

実際に副業で使うことを見据えて、上記のスキルを優先的に身につけていきましょう!

ポートフォリオを作成して副業の準備をしよう

Webサイト制作の副業を始めるためには、ポートフォリオが必要になります。

ポートフォリオとは自分のスキルをアピールするためのもので、自分が制作したWebサイトの作品集みたいなものです。

ポートフォリオサイト

 

実際に見てもらうのが早いと思いますので、参考として僕のポートフォリオサイトを見てもらえればと思います。

受講後すぐに副業を開始することができるように、ポートフォリオは受講中にメンターにアドバイスをもらいながら作成するのが効率的です。

カリキュラムの最初の方は早めに終わらせて、なるべくオリジナルサイト制作に時間を費やすのが、受講期間をより充実させるためのポイントです。

実際に僕のポートフォリオサイトも多少の修正はしておりますが、ほとんどが受講中に作成したものです。

受講中に副業を開始できるレベルのポートフォリオの完成を目指しましょう!

フロントエンドコース受講後にやるべきこと

フロントエンドコース受講後にやるべきこと

 

フロントエンドコースの受講中にポートフォリオまで完成させてしまったら、いよいよ副業の開始です。

以下ではフロントエンドコース受講後にすることを解説していきます。

クラウドソーシングサイトに登録する

Webサイト制作を受注する方法はいろいろあります。

ですが、まずは発注者の目に止まりやすいクラウドソーシングサイトに登録しておくの受注の可能性が高い方法です。

例えば、有名なクラウドソーシングサイトには以下のようなサイトがあります。

クラウドソーシングサイトの例

受注率をアップさせるために、最初は代上記の表的なクラウドソーシングサイトすべてに登録しておきましょう。

ポイントはプロフィールをしっかりと記載すること!

ココナラで依頼をもらうポイントをこちらの記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

ココナラで依頼が来ない原因と対策
ココナラで依頼が来ない原因と対策【実はできてない4つのポイント】ココナラでサービス出品したけど、いまだに依頼はゼロ。なぜ自分のサービスには依頼が来ないの?こんな悩みを解決します。この記事では、僕がココナラでプラチナランクをもらうまでに実践したことを解説します。...

ウケ放題特別プランでスキルを拡充する

コース受講後に「ウケ放題特別プラン」というプランに招待されることがあります。

このウケ放題特別プランがとてもお得で、その内容が以下のとおりです。

ウケ放題特別プランの内容
  • 4週間で42,000円(税別)
  • 4週間後にさらに42,000円(税別)を払えば更新が可能(どれだけでも更新可能)
  • メンタリングは付かない
  • Slackでの質問は他のプランと同様に可能
  • ウケ放題の対象コースの中から1週間に1つコースを選択できる
  • 選択したコースのテキストはウケ放題特別プラン終了後も閲覧することが可能

ウケ放題特別プラン対象のコースは現時点で以下の15コースです。

ウケ放題特別プラン対象のコース ウケ放題特別プラン対象のコース(デザイン+マネジメント)

本来であれば1コース受講するだけでも10万円以上の受講料がかかります。

一方、ウケ放題プランなら42,000円で4つのコースに申し込めるので、スキルを広げていきたい人にとってはかなりお得なプランだと言えます。

でも、さすがに1週間にひとつのペースでコースを消化するのは不可能です。

優先的に学習したいコースを受講して、ウケ放題特別プラン終了後に残りのコースをゆっくり学習するのがいいでしょう。

フロントエンドコース受講後のおすすめコース

フロントエンドコース受講後のおすすめのコースは以下です。

フロントエンドコース受講後のオススメのコース
  • WordPressコース
  • PHP/Laravelコース
  • Webデザインコース

「WordPressコース」では、HTML、CSSで制作したWebサイトをWordPressテーマにするスキルを学ぶことができます。

「PHP/Laravel」では、バックエンドのプログラミング言語であるPHPの基礎に加えて、Laravelというフレームワークを使ってWebアプリを作るスキルを学ぶことができます。

「Webデザインコース」では、Photoshopの使い方やCSSを効率的に書けるSassというスキルを学ぶことができます。

フロントエンドコース受講後は特にWeb関連のスキルを広げていくと依頼が増えたり、高単価案件を受けられる可能性がアップします。

高単価案件受注のためにも、ぜひ受講しましょう!

ただし、ウケ放題プランにはメンタリングが付かないので、自分で管理してカリキュラムを進めていく必要があります。

申込期限が受講1週間後なので、申し込みたい人は見逃さないように注意!

まとめ:TechAcademyで副業を目指すならフロントエンドコース

  • プログラミング初心者がTechAcademyで選択すべきコースは「フロントエンドコース」
  • フロントエンドコースならWeb制作副業で必要となる知識を最短で学ぶことができる
  • 受講期間は余裕を持たせて選ぶのがオススメ
  • 受講中にポートフォリオの完成を目指す
  • 受講後はウケ放題特別プランで副業をしながらスキル拡充に利用すべし

 

以上、フロントエンドコースがおすすめの理由、サービス内容、効率的に受講する方法などについて解説しました。

実際に僕もプログラミング未経験からWeb制作副業を始めたので、プログラミング未経験の人には参考になると思います。

不安な人は無料体験でもできるので、ぜひあなたもWeb制作の世界に飛び込んでみてくださいね!

TechAcademy公式ページへ

 

ではでは〜!

ABOUT ME
トモヤ
副業が趣味になってしまったサラリーマンが趣味を語るブログ。 『Web制作』と『ブログ運営』に取り組んでいます。 【経歴】大阪大学大学院工学研究科卒業→某インフラ会社勤務→会社依存の生活を変えるため副業開始