Blog

ブログで1000文字以上の記事が書けない原因と対策

ブログで1000文字以上の記事が書けない原因と対策
ブログ初心者
ブログ初心者

どうしても1000文字以上の記事が書けません。
1000文字以上の記事を書くためのコツを教えてください!

こんな疑問に答えます。

 

僕はブログ運営歴2年で、現役でWeb制作副業をやっているWeb系エンジニアでもあります。

いきなり残念な事実をお伝えしますが、1000文字以下のブログ記事を量産してもなかなか稼げるようにはなりません。

というのは、Googleが1000文字以下の記事を上位表示させる可能性が限りなく低いからですね。

とはいえ、誰でもコツさえ掴めれば1000文字以上の記事を書くのは余裕です。

そこで、この記事では、1000文字以上の記事を書くない理由と1000文字以上の記事を書くためのコツを解説します。

それでは、どーぞ!

1000文字以下のブログ記事を量産しても稼げない理由

1000文字以下のブログ記事を量産しても稼げない理由

 

1000文字以下のブログ記事を量産しても稼げません。

その理由は1000文字以下の記事では検索上位を取ることが難しいからです。

上位表示されている記事の文字数

例えば、「ブログ 文字数」というキーワードで上位表示されている記事の文字数を見てみましょう。

検索上位の記事の文字数
  • 1位:7981文字
  • 2位:2795文字
  • 3位:4117文字
  • 4位:7117文字
  • 5位:2614文字

上記のとおり、「ブログ 文字数」というキーワードでの上位5位までの記事の文字数の平均は4925文字です。

この例からもわかるとおり、上位表示されている記事はある程度文字数が多い傾向があります。

上位表示されるために文字数が必要な理由

上位表示されるために文字数が必要なのは、

Googleが「情報の網羅性」が高い記事を評価するから

です。

情報の網羅性とはユーザーの検索意図を満たす情報が100%含まれているかということです。

実は文字数自体は検索順位を決める要素ではありません。一方で、情報の網羅性は検索順位を決める大事な要素です。

つまり、文字数自体は検索順位に関係ないですが、情報の網羅性が高い記事を書くためには文字数が必要になります。なので、ある程度の文字数がなければ検索上位を取るのが難しいわけですね。

1000文字以上のブログ記事が書けない原因

1000文字以上のブログ記事が書けない原因

 

1000文字以上のブログ記事が書けないという人は、以下が原因です。

1000文字以上の記事が書けない理由
  1. 検索意図を満たす記事になっていない
  2. 知識が足りていない
  3. 自分で限界を決めている

順番に解説します。

原因①:検索意図を満たす記事になっていない

1000文字以上の記事が書けない1番の原因は、検索意図を満たす記事になっていないことです。

検索意図とはユーザーが検索することで解決したい悩みのことです。

どんなキーワードでもユーザーの検索意図を100%満たそうと思ったら、自然と1000文字以上の記事になります。1000文字以上の記事が書けない場合は、検索意図を100%満たしていない可能性が高いですね。

解決策は記事を書き始める前に検索上位の記事の内容をチェックして記事構成を作ることです。具体的な方法は後述しますね。

原因②:知識が足りていない

検索意図を理解しているけど、どうやってユーザーの悩みに応えればいいかわからない場合は、知識が足りていないのが原因かもです。

解決策は記事を書くために必要な知識をインプットすることしかないですね。

とはいえ、これには、

  • 本やネットで調べれば書ける場合
  • そもそも経験が足りない場合

の2つの場合があります。

そもそも経験が足りていないような場合は、今の状態では記事が書けないのでキーワードを変えた方が無難です。経験を増やしてから、もう一度挑戦すればOKですよ。

原因③:自分で限界を決めている

「これだけ書けば十分でしょ」と自分の気持ちがストッパーになってませんか?

精神論になってしまいますが、他の記事に負けない記事を書こうという意識を持つことが大事です。

他の記事に負けない意識で記事を書くと、自然とボリュームのある記事が書けるものですよ。

そのためにも、検索上位の記事は必ず見ておいた方がいいですね。

1000文字以上のブログ記事を書くコツ

1000文字以上のブログ記事を書くコツ

 

1000文字以上の中身の濃いブログ記事を書くコツは以下です。

1000文字以上の記事を書くコツ
  1. 記事を書く前に記事構成を作る
  2. 潜在ニーズを満たす

順番に解説します。

コツ①:記事を書く前に記事構成を作る

1000文字以上の中身の濃い記事を書くコツは、記事を書き始める前に検索上位の記事を見てから記事構成を作ることです。

検索上位の記事を見て、

  • ユーザーのどのような悩みに応えようとしているか(検索意図)
  • どういった切り口で悩みを解決しようとしているか(見出し)

といった情報を参考に記事の構成を作ります。

正しい記事構成の作り方はこちらの記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

ブログ記事構成の作り方
ブログ記事の構成を作る3つの手順【Googleに評価される記事を書くコツ】ブログの記事構成を作る作業は、記事の見出しや内容を決める大事な作業です。この記事では、ブログの記事構成を作る手順と記事構成を作るときの注意点を解説します。記事が100位圏内にも入らないと悩んでる人は必読です。...

記事構成を作らずに記事を書き始めてしまう人が多いですが、網羅性が高い記事を書くためには記事の構成を作ることは必須ですよ。

コツ②:潜在ニーズを満たす

検索意図には、大きく分けて「顕在ニーズ」と「潜在ニーズ」の2つがあります。

  • 顕在ニーズ:ユーザーがまさに探し求めている情報
  • 潜在ニーズ:ユーザーが自分では気付かないけど、知りたい情報

例えば、「ブログ サーバー」というキーワードなら、

  • 顕在ニーズ→ブログにおすすめのサーバーが知りたい
  • 潜在ニーズ→レンタルサーバーの契約方法が知りたい

です。

顕在ニーズを満たすコンテンツだけでも、ユーザーの悩みを100%解決することはできていますが、潜在ニーズを満たすコンテンツを追加することでボリュームがあってユーザーが120%満足する記事になります。

潜在ニーズを満たすコンテンツを追加することで、ユーザーの滞在時間が伸びてSEOにとっていい効果が得られます。

潜在ニーズを見抜くコツ

ユーザーの潜在ニーズを見抜くコツは以下の2つです。

潜在ニーズを見抜くコツ
  • ユーザーの次の行動を把握する
  • ユーザーの根本にある欲求を理解する

順番に解説します。

ユーザーの次の行動を把握する

ひとつは、顕在ニーズを満たしたユーザーが次にどんなことを知りたいかを先回りしたコンテンツを投入することです。

例えば、先ほども登場した「ブログ サーバー」というキーワード。

ブログにおすすめのサーバーを知ったユーザーなら、次はレンタルサーバーの契約方法が知りたいはずです。

このようにユーザーのニーズに先回りしたコンテンツを用意します。

ユーザーの根本にある欲求を理解する

もうひとつが、顕在ニーズを満たしたいユーザーの奥底にある欲求に関連するコンテンツを投入することです。

例えば、「ブログ 文字数」で検索するユーザーは、

ブログ1記事に必要な文字数が知りたい→検索で上位表示させたい→アクセスを増やしたい→ブログで稼ぎたい

というように階層的に欲求を持っているのがわかるはずです。

このようにキーワードから連想される根本的な欲求を理解して、関連するコンテンツを用意します。

1000文字以上のブログ記事を書くのに必要な時間

1000文字以上のブログ記事を書くのに必要な時間

 

検索上位を狙うための文字数として、僕が目安にしているのは「4000文字」です。

僕の場合は4000文字のブログ記事を書くのにかかる時間は7時間ほど。その内訳は以下です。

記事を書くのにかかる時間の内訳
  • 記事構成の作成:1時間
  • 調査:1時間
  • 記事の執筆:3時間
  • WordPressでの投稿作業:2時間

あくまで目安ですが、上記のとおり。

書く記事の内容によっては調査に時間をかけることがあるので、もう少し時間がかかることもあります。

まとめ:情報の網羅性を意識してブログ記事を書こう

  • 1000文字以下のブログ記事を量産しても、ブログで稼げるようにならない。ブログで稼ぐためには、情報の網羅性が大事。
  • 1000文字以上の記事を書けない原因は以下。
    ①検索意図を満たす記事になっていない
    ②知識が足りていない
    ③自分で限界を決めている
  • 1000文字以上の記事を書くコツは以下。
    ①記事を書く前に記事構成を作る
    ②潜在ニーズを満たす

 

以上、1000文字以上の記事を書くない理由と1000文字以上の記事を書くためのコツを解説しました。

情報の網羅性が高い記事を書いて検索上位を獲得するためには、記事構成を作ることと潜在ニーズを満たすことが大事です。とはいえ、一発で検索上位を取るのは難しいので、リライトが必要です。

リライトする記事を判断するためにも、記事を書いたら必ず検索順位を確認するようにしましょう。検索順位を確認するのに便利なツールが「RankTracker」です。

RankTrackerの使い方と導入手順はこちらの記事で解説しているので、参考にしてください。

ランクトラッカーとは
【SEO必須ツール】RankTrackerの使い方と導入方法を徹底解説まだキーワードの検索順位をひとつずつチェックしてるんですか?その作業RankTrackerを導入して合理化しましょう。この記事ではRankTrackerの使い方と導入方法を詳しく解説します。...

 

ではではっ!

ABOUT ME
トモヤ
副業が趣味になってしまったサラリーマンが趣味を語るブログ。 『Web制作』と『ブログ運営』に取り組んでいます。 【経歴】大阪大学大学院工学研究科卒業→某インフラ会社勤務→会社依存の生活を変えるため副業開始